FC2ブログ

チケット完売のホームスタジアム!~ セレッソ大阪堺レディース vs 浦和レッドダイヤモンズレディース。 

  • 2020/09/26(土) 23:33:32

セレッソ大阪 26×26 セレッソ大阪堺レディース 0 vs 0 浦和レッドダイヤモンズレディース 浦和
 
            2020プレナスなでしこリーグ1部  第12節 
         2020年9月26日 【J-GREEN堺S1メインフィールド】   


hqdefault_20200926024313291.jpg
スターティングメンバー 450 bb
 


 今節は なでしこリーグで首位を走る 浦和レッドダイヤモンズレディースとのホームゲーム。  

第10節を終えて、1位 浦和レッドダイヤモンズレディース (勝ち点27)、2位 日テレ・東京ヴェルディベレーザ (勝ち点19)、3位 セレッソ大阪堺レディース (勝ち点18) …となっています。

浦和レッドダイヤモンズレディースにとって 堺レディースは第4節 0-1 で 唯一の黒星を喫した相手です。

浦和レディースを応援する方々を含めて 試合前から かなりの気合が入っていたように感じました。

この試合のWEB販売 前売りチケットは すでに完売。

数量限定の当日券も 試合前に早々と完売していました。


14_20200926231052917.jpg

14b_202009262310531d0.jpg

1_20200926225407976.jpg

1b_2020092622540866f.jpg

2_20200926225410468.jpg

3_20200926225411803.jpg

3c_20200926225544952.jpg

わ~い、ルヴァンプライムをもらったよ!!
4_20200926225545458.jpg
 


 試合開始直後から 引き締まった試合でした。

アッという間に前半が終了。

後半も一進一退の攻防が続いて 両チームともに失点しない好ゲーム。

DF 30 荻久保 優里選手、DF 4 松原 優菜選手、DF 32 小山 史乃観選手に加えて 11 宝田 沙織選手が相手の攻撃をはねかえす。

そして何より GK 27 西中 麻穂選手が身体をはった抜群のセーブで素晴らしい守備を見せていました。 

アディショナルタイムに入っても 全く負ける気はしませんでしたが、両チームが気迫あふれるプレーを最後まで続けて 0-0 で試合終了。

とっても 気持ちが良くて 素晴らしいナイスゲームでした。 

途中で 浦和レディースの菅澤 優衣香選手の歩き方がおかしい… と思っていたら交代しました。

ケガの状態が心配です。


16c.jpg

10_20200926233345a96.jpg

7c_20200926231055aec.jpg

25_2020092623105700c.jpg


 

【浦和レッドダイヤモンズレディース戦】
竹花 友也監督コメント (セレッソ大阪堺レディース) 

・竹花 友也監督コメント (セレッソ大阪堺レディース) 

「セレッソらしいアグレッシブなサッカーはできて、ボールは奪えたと思います。
ただ課題はフィニッシュになります。得点のチャンスはあったので。」

「そうなりながら、疲れてきた時に自分たちでボールを持ちながら休むということが出来なくて、急ぎすぎてまたボールを奪われて、追いかけてしんどくなる…ということがありました。
ボールを保持しながら休めるようになれたら、もう少しスムースかなと思います。」

「(首位・浦和が相手だったが)相手はうちだけに1敗しているということで、気合が入っているのはわかっていました。でも勝ったのは自分たちなので上から行くぐらいの気持ちを持って、でも相手をリスペクトしながらしっかり戦わないと相手はうまいのでやられるぞ、と試合前に話しました。
激しさがないというゲームだけはしないでおこう、代表の選手であろうが激しく厳しくいこう、ということも話していて、それができていたことはよかったと思います。」

「(次に向けて)走れているし、自分たちのやることはできてきていると思います。(DFを)4枚から3枚に変えてやってきて、スムーズにできるようになったきたかなと思いますし、使い分けられたらもっと良くなるかなと思います。」

そうそう 竹花 友也監督は試合終了後 バックスタンドの観客席まで あいさつに来てくれていました。




宝田 沙織選手コメント (セレッソ大阪堺レディース) 

・宝田 沙織選手コメント (セレッソ大阪堺レディース) 

「やるべきことをやって、前線からの守備もはめられたし最後のゴール前でもみんなで体を張って守れたことはよかったと思います。
その中でも、シュートとかは行けていましたが、もっとチャンスを作りたいし、もっと仕掛けていくところを作れたらよかったかなと思います。」

「(CBの荻久保優里選手とのコンビについて)優里は背も高くてヘディングとかも強いので、言ったらいけるし負けないので、しっかり声をかけながら後ろから引っ張っていくというイメージでプレーしました。
のびのびプレーしてもらいたかったので、そこはしっかり声をかけながらできたかなと思います。」

「(自身DFとしての出場が続いているが)代表レベルの選手とできているということは、自分の自信にもなりますし、やりがいを感じてやっています。」

(宝田 沙織選手) 
宝田沙織 450



荻久保 優里選手コメント (セレッソ大阪堺レディース) 

・荻久保 優里選手コメント (セレッソ大阪堺レディース) 

「(首位・浦和が相手だったが)前にも後ろにも背の高い選手がいて、そこは簡単にすらしたりしないように気をつけてやっていました。相手の背が高くて、当てられたりしましたが、自分が無理でもほかの選手がカバーしたり、みんなで声を掛け合って0-0で終われたのでよかったと思います。」

「(相手FWについて)全然プレスに来ていないように見えても、圧がすごくありました。」

「(2試合連続して90分間プレーして)ノジマ戦ではいいプレーが出来たと思いますが、首位の相手には自分のプレーがなかなかできなくて苦しかったですけど、90分間しっかり0-0で終われたのは自分としてもチームとしても成果だと思います。
次に向けていい準備をしたいと思います。 」

(荻久保 優里選手) 
荻久保優里 450


(矢形 海優選手) 
矢形海優 450

(浜野 まいか選手) 
浜野まいか 450

(西中 麻穂選手) 
ゴール前攻防 450

7_20200926230449199.jpg



・森 栄次監督監督コメント (浦和レッドダイヤモンズレディース ) 

「今日の試合は、アジリティも高く運動量も多い相手だったので、少し手こずるかなと思っていました。良い部分もありましたが、思うようにいかなかったところも多かったと思います。」

「前半0-0で折り返して、後半勝負かなと思い、後半に仕掛けられる選手を起用して、1対1、ワンツーで相手の背中をとりにいこうとしましたが、うまくできなくてリーグ初めて、今年初めての引き分けとなりました。選手は最後までよく走り、がんばってくれました。ポイント1は取れましたので、前向きに考えて、次の試合に向けて臨みたいと思います」




 私にとって この試合は今季のベストゲームでした。

セレッソ大阪堺レディースの選手が頑張ったことに加えて 応援するスタンド席がとっても心地良かったからです。


この試合においても 「試合開催時の感染症予防対策について」 というお願いが出されていました。

体温測定、マスクの持参および着用、スタジアムの中・外での社会的距離(できるだけ2m、最低 1m)を確保、 手洗い、手指消毒の実施などに加えて 大声での発声、歌唱や声援、密集等の感染リスクのある行動が禁止されています。

しかし 試合開始前から ずっと仲間同士で大声で話をして ピッチに向かっても発声をしている人たちがいました。

本人たちは とっても気持ちが良いのだと思いますが周囲の人には耐えられないものでした。

私もストレスが溜まりだした時、一人のお父さんが 声をあげました。

「試合中は 声援禁止やぞ。拍手で応援しようぜ!」

本当にその通りです。

このお父さんは 試合開始前から 自分の子供に対して 「声を出さない。」「拍手で応援しなさい。」 と ずっと言い聞かせていました。

注意された方々は あまり良い気分ではないと思いますが 周囲の人たちは 大きく賛同していました。

最近の試合では 選手がボールを蹴る音がスタンドに響きます、選手同士で指示する声がスタンドまで聞こえます。

これは 応援する側からすれば とっても素晴らしい環境であり感動させられます。

お金を払ってまで スタジアムへやって来た満足感でいっぱいになります。

しかし 仲間同士で話をしたり 選手や審判員に大声を掛けられると、楽しみにしていた ボールを蹴る音も 選手同士の声も 監督の指示の声も 選手の身体がぶつかり合う音も 聞こえなくなります。 

これはお金をもらっても 聞きたくない迷惑な行為です。

新型コロナウイルス感染予防のためのルールは 皆が守るべきルールなので 絶対にやめて欲しいです。

このお父さんは とっても勇気がありました。

私は称賛したいと思います。 


15_202009262310543d0.jpg


スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する