FC2ブログ

なでしこリーグ1部第7節 ~ 伊賀FCくノ一三重 vs セレッソ大阪堺レディース。 

  • 2020/08/30(日) 20:08:27

    伊賀くノ一  伊賀FCくノ一三重  2 vs 2 セレッソ大阪堺レディース セレッソ大阪 26×26 
 
            2020プレナスなでしこリーグ1部  第7節  
        2020年8月29日  【三重交通G スポーツの杜 鈴鹿】  

aaa 450


伊賀FCくノ一三重 vs セレッソ大阪堺レディース。  

ホームチームの伊賀FCくノ一三重は 2020シーズンより 「伊賀フットボールクラブくノ一」 から 「伊賀FCくノ一三重」 にチーム名が変更になっています。

7月にヤンマースタジアム長居で行われた なでしこリーグ1部 第2節 伊賀FCくノ一三重とのリモートマッチ(無観客試合)は 2-1 でセレッソ大阪堺レディースが勝利しました。  

そして 第7節は 「2021年三重とこわか国体」 開催地でもある のどかな三重交通Gスポーツの杜 鈴鹿(三重県鈴鹿市)で行われました。   
 

伊賀FCくノ一三重スタメン 450
 

 灼熱の三重交通G スポーツの杜 鈴鹿。(公式記録:気温36.3℃ ) 

えぇ~っ、「2019プレナスなでしこリーグカップ2部 決勝戦 vs AS埼玉(味の素フィールド西が丘)」 (公式記録:気温35.7℃ ) より暑いですやんか…
  
セレッソ大阪堺レディースは前半の早い時間に 1点をリードされますが、30分 浜野 まいか選手、36分 矢形 海優選手のゴールが決まって逆転!

後半は 攻められ続けますが ゴールを許しませんでした。 
(公式記録では 堺レディースの後半シュート数は 0本…) 

でも、このまま終わって欲しいと思い始めた 88分に フワッとしたリスタートからゴールを決められて 2-2 の同点…

そのまま 試合はタイムアップ。 

猛暑の中での激戦は 引分けで終了しました。 



・竹花 友也監督コメント (セレッソ大阪堺レディース) 
06_takehanaリサイズ 300

「悪い内容ではなかったと思います。相手のロングボールも粘り強くはね返していました。」

「背後を取る動きもやっていましたが、キックの精度などクオリティの部分は上げていかないといけないです。チャンスに相手ボールにしてしまうこともあったので。」

(2連敗後の試合だったが) 「何とか少しずつ自分たちのサッカーが戻ってきたかなと感じています。クリアに逃げずにつなごうという意識も見られました。もう少し余裕が出ればもっと良くなると思います。]



・矢形 海優選手コメント (セレッソ大阪堺レディース) 
やかっちゃん

「前半はセレッソがボールを支配していたが、後半は相手の攻撃の時間帯が多くなり守備がきつかったです。」

(ゴールについて) 「GKと1対1になって外してしまいあせりましたが、ボールがこぼれてきたので思いきり蹴りました。守備の連動も最初からできていて、粘り強く戦うこともできた。パスのテンポもよく自分たちのプレーができていたので、次につながる試合だと思います。」



・松原 優菜選手コメント (セレッソ大阪堺レディース)
4 松原 優菜

「最近の試合は立ち上がりに失点してしまっていたのて、注意していこうと試合に入ったがやられてしまいました。でも、前半のうちに逆転できてよかったと思います。」

「ロングボールやクロスを多用してくる相手を警戒して、特に後半はよく耐えていたと思うが、最後の最後でやられたことは今のチームの甘さかなと思います。」

(2連敗したあとの試合で) 「いい時間もあったが、相手にペースを握られると自分たちのペースを維持することが出来なかった。次の試合はもっと自分たちの時間を長くしたいです。」

「開幕した直後は勢いがあってよかったが、連敗してから気持ちの切り替えはできているつもりでもどこかで引きずっているのかもしれない。でも、次はホームゲームなので、しっかり勝てるよう準備をしたいと思います。」

 

 この試合結果により 「勝ち点13」 になった セレッソ大阪堺レディース。

引分けですが 連敗を脱出したことは 大きな収穫です。

堺レディースの選手、スタッフの皆さん…


「おつかれさまでした、疲れを残さないでね。」


次節はホーム ヤンマースタジアム長居で行われる ジェフユナイテッド市原・千葉レディース戦。

良い準備をして挑んで欲しいです~  





<伊賀FCくノ一三重  2 vs 2 セレッソ大阪堺レディース>



スポンサーサイト



この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する