ホーム キンチョウスタジアムで戦った セレッソ大阪 U-23 ~ ブラウブリッツ秋田戦。   

  • 2017/03/20(月) 11:06:24

            2017 J3リーグ 第2節  2017年3月19日           
                《 キンチョウスタジアム 》
       セレッソ大阪 セレッソ大阪  1 vs 3 ブラウブリッツ秋田  秋田

2 450
7 450
 

この日の試合開始前、柿谷 曜一朗選手と木本 恭生選手が観客スタンドにやって来て、急きょ Jリーグ 東日本大震災・熊本地震災害 被災地復興支援 「 TEAM AS ONE一斉募金 」 が始まりました。 

スタンドの観客席は ちょっとばかり大騒ぎになりました。 

その騒がしい気持ちをキックオフと同時に 切り替えることが出来なかった事が 試合開始直後、セレッソ大阪U-23の ふんわりとした試合入りにつながったのではないかと反省しています…  


柿谷 曜一朗選手  
3 450

 柿谷 曜一朗選手 『 Jリーグ TEMA AS ONE一斉募金活動 』



木本 恭生選手 
4 木本選手 450

 木本 恭生選手 『 Jリーグ TEMA AS ONE一斉募金活動 』



大熊 裕司監督は、前節 グルージャ盛岡戦後のコメントで 「我々はプロなので、勝って結果を残していくこと。その上で、一人でも多くトップチームに選手を送り出せたらなと思っています。 」 と話していました。

今月初めに開催された 「 2016年度ハナサカクラブ総会 」 の後に行われた懇親会で 大熊監督と少しだけ話をする機会があったので、 「 U-23からトップチームに選手を送れていないこと、セレッソ大阪の選手は仲が良すぎて競争意識が足りないこと 」 について聞いてみました。

その際 大熊監督は 話せる範囲で いろいろと答えてくれました。  

この日の試合では そのような問題点が出てしまっていたように感じます。  


CIMG3784 450
  

秋田戦の前日、セレッソ大阪トップチームが ホーム キンチョウスタジアムでサガン鳥栖に 1-0 で勝利しました。

その時、スタジアム前で 被災地復興支援 「 TEAM AS ONE一斉募金 」 を終えて戻って来た U-23 温井 駿斗選手を見つけました。

私 猛ダッシュで走って行って 「 明日の試合はスタジアムへ応援に行くからね。負けずに頑張ろう。 」 と温井選手に声を掛けました。

「 負けずに頑張る。 」 というのは もちろん 試合相手のブラウブリッツ秋田に対してのことですが、もう1つは Uー23とトップチームのポジション争いがこのところ活発に行われているという意味合いも含んでいます。   

まだまだ トップチームの壁は厚いと感じますが、成長する余地が大きいU-23の選手にも十分にチャンスがある。

能力の差というより、絶対にトップチームの試合に出場するという強い意識を持つことが選手の目指す目標達成のカギを握ると勝手に思っております。    


 選手入場 ~ C大阪 U-23 vs 秋田


 温井 駿斗選手。  


 温井 駿斗選手のフリーキック。


 試合終了後の選手あいさつ 。

 

【 大熊 裕司監督 試合後コメント 】
「 まず、こういう結果になってしまったことを大変申し訳なく思います。今日は前節と違って、オーバーエイジの選手が入ったなかで、チームとして機能するところをなかなかうまく引き出せなかったのは、自分の力のなさだと思っています。うまくお互いが理解し合って、いいゲームにしていかないといけないと改めて痛感しました。お互いの良さがなかなか出せなかったのは私の責任です。 」 (抜粋)

【 28 温井 駿斗選手 試合後コメント 】  
「 相手に対して、こっちは少し引き過ぎてしまった。全体が間延びしてしまった分、FWをうまく追わせることができなくて、相手の3バックのパス1本で味方がはがされて、後手を踏んでしまった。後ろも、相手のFWに対して裏への飛び出しに気を取られてしまって、ラインを下げ過ぎてしまったことが、相手に主導権を握られてしまった原因だと思います。 」
( Q: U-23がやってきたサッカーとしては、もっと連動して前からプレスにいかないといけないのでは? )
「 そうですね。トップチームから降りてきた選手がいたとしても、残りの7、8人はU-23の選手なので、サッカーは変わらずやっていかないといけません。それに、後ろはあまり変わっていないので、僕らが後ろから発信していかないと。僕自身、前の(福満)隆貴くんを前半はうまく動かせずに、下げてしまった。相手のウィングバックに対して自分がもう少し高い位置を取って、自分が掴まないといけなかったと思います。 」
 

2017シーズン第2節を終えた時点でU-23は まだ良い結果を出しているとは言えません。

でもこの試合の敗戦を教訓として修正することにより、セレッソ大阪U-23が次戦で勝利することを期待したいと思います。   


 

スポンサーサイト

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事に対するコメント

木山さん>

コメントをありがとうございます。

書き込んで頂いた内容にセレッソ愛を感じます。

セレッソ大阪には積み上げていく資産がなくて、いつもスタート位置に
戻っているイメージがあります。

誰が悪いのかは分かりませんが、今後は絶対に考え方を見直す必要が
ありますね。

私も選手には何の責任もないと思います。

ただ、どんな状況であってもセレッソ大阪を応援していきたいと思い
ます。

  • 投稿者: ぐるぐる
  • 2017/03/20(月) 17:29:18
  • [編集]

こんにちは。
U23がいまいちなのは、仲良し云々ではなく大熊監督の能力が低いからです。
あの人は基本的にただ走れとしかいいませんからね。

トップが成績残せていないのも、競争の問題ではなくて何度も監督交代をしているせいです。
浦和や川崎のような強豪ですら同じ監督が4年指揮してタイトル一つ取れるかどうかというレベルなわけです。
セレッソはこれまで何度監督を解任させたでしょうか?結果がでないのは当然ですね。なので選手に責任はないと言えるでしょう。

  • 投稿者: 木山
  • 2017/03/20(月) 16:30:15
  • [編集]

この記事にコメントする

管理者にだけ表示を許可する