何でも思うように進めば 苦労なんてしないのです… ~ 柏戦。~ 日体大FIELDS横浜戦。 

  • 2017/05/09(火) 06:48:21

          柏 柏レイソル  1 vs 0  セレッソ大阪 セレッソ大阪
       
               2017 J1リーグ 第10節  2017年5月6日     
                    【日立柏サッカー場】 

スタ  450


5月3日に行われた ルヴァン杯 広島戦から中2日で迎えた、J1リーグ 第10節 柏レイソル戦。

セレッソ大阪は Jカップ戦から スタメン全員を入れ替えて戦いました。


9 450


0-0 で迎えた 57分、柏 クリスティアーノ選手の積極的なプレーが この試合の決勝点になる。 

あの場面で 丸橋選手は 利き足の左ではなくて 右足で蹴っていた…


14 450


ファン・サポとは勝手なもので、応援するクラブ・選手に対して 「 あのような事をするからダメだ! 」、「 ナゼ このようにしないのか? 」 と言うのですが、ピッチでは自分たちが働く会社や学校と同じで 自分が思っているように上手くは物事が進まない…

自分の選択した判断が すべて正しくて 良い結果になるのなら 苦労なんてないのです。

重要なのは 尹 晶煥監督が言うように 「 こういうミスが2度と起きないようにすることが大事。」 ということ。

次節の 丸橋 祐介選手の全力プレーに期待したいと思います。


6 450





  セレッソ大阪 セレッソ大阪堺レディース 1 vs 2  日体大 FIELDS 横浜 日体大FIELDS横浜 26
     
             2017プレナスなでしこリーグ2部 第7節 
          2017年5月7日 【J-GREEN堺S1メインフィールド】

C_NiVVVVoAE8Z3J.jpg


2017 なでしこリーグ2部 2位のセレッソ大阪堺レディースは ホームで首位の日体大FIELDS横浜と直接対決しました。

前半序盤は危ない場面もありましたが、その後 良いペースをつかんだ時間帯に 攻めきれず 0-0。

しかし後半 ~ 50分 先に失点、58分 松原 志歩選手のゴールで堺レディースは同点に追いつきますが 59分にスーパーミドルを決められて 1-2 で敗戦… 

リードを許した後、4バックから 3バック気味に変更していた日体大 FIELDS 横浜に 上手く試合を進められてしまったように感じます。
 

2 450

 
私、2014年 なでしこリーグ入れ替え戦で日体大FIELDS横浜( 当時は日本体育大学女子サッカー部 ) の試合を見たことがあります。

≪ 2014 なでしこリーグ&チャレンジリーグ入替戦 第1戦 ≫
11月15日(土) 神奈川県立保土ヶ谷公園サッカー場
日体大女子サッカー部  1  vs  2  伊賀FC くノ一

日体大FCは先制点を奪いながらも、前半のアディショナル タイム+1分に同点ゴール、こう着状態が続いていた 後半のアディショナル タイム +2分に逆転ゴールを許して敗れました。


≪ 2014 なでしこリーグ&チャレンジリーグ入替戦 第2戦 ≫
11月23(日) 上野運動公園競技場(三重県) 
伊賀FC くノ一  2  vs  0  日体大女子サッカー部            

第1戦の敗戦で攻めるしかなかった日体大FCですが、伊賀FCくノ一に前半を上手く守られて 後半に痛恨の2失点…
この結果、伊賀FCくノ一が なでしこリーグ1部残留、日体大FCは 翌シーズンも なでしこリーグ2部で戦うことが決まりました。
 
  
この時、長身のGK選手、ゴールを決めたFW選手等がチームに残るので 次のシーズンでの躍進が期待されていました。 

セレッソ大阪堺レディース戦では GKを含めて 当時の選手が10人くらいメンバー入りしていました。   

私が2014年の日体大FCを良く覚えていたのは、敗戦した第2戦の終了後 ホーム 伊賀FCくノ一のメインスタンド前に選手・スタッフの方々がやってきて キャプテンが代表あいさつをしてくれたからです。 

精神的なダメージが残っているにもかかわらず 「 これから 別々のリーグで戦うことが決まりましたが お互いに頑張りましょう。」 と お礼の言葉を締めくくり 伊賀サポから 大きな拍手を受けていました。  


この日の試合終了後も 日体大FIELDS横浜の選手は セレッソ大阪堺レディース応援席の前までやって来て あいさつをしてくれました。( もちろん 一礼だけで言葉はなかったです。 )

このような姿勢は 見ていて気持ちが良く、選手たちのサッカー人生においても貴重な積み重ねになると思います。  


1 450


ただ セレッソ大阪堺レディースにとって試合結果は残念、次のアウェイ戦での雪辱を期待したいと思います。


スポンサーサイト