「 カラ 」 を破ることができた 大きな勝利! ~ 川崎フロンターレ戦。 

  • 2017/05/03(水) 13:43:38


         セレッソ大阪 セレッソ大阪  2 vs 0  川崎フロンターレ 川崎
        
             2017 J1ーグ 第9節  2017年4月30日            
                 【ヤンマースタジアム長居】

450 1


ホーム ヤンマースタジアム長居で行われた 川崎フロンターレ戦。

入場者数 25,738人だった この試合は 前半を 0-0 で終えた後、67分 山村 和也選手、87分 清武 弘嗣選手のゴールが決まって 2-0 で勝利しました。


450 2


最近のセレッソ大阪は かなり多くの小学生動員企画試合を行っています。

昨年度は ヤンマースタジアム長居で 4試合を戦いましたが、そのうち 何と3試合が小学生動員企画ゲームでした。

2016シーズン ヤンマースタジアム長居での全成績。  

2016.10. 2 セレッソ大阪 1-2 清水 ●  小学生動員企画試合  
2016. 6. 4 セレッソ大阪 2-3 讃岐 ●  小学生動員企画試合    
2016. 5.28 セレッソ大阪 2-1 岡山 ○  ( 小学生動員企画なし )    
2016. 4.17 セレッソ大阪 1-1 北九州 △ 小学生動員企画試合    
 

この年 1試合だけ 小学生動員企画試合にならなかった岡山戦は勝利していますが、3試合あった 小学生動員企画試合は 全て勝利できませんでした。

 
その 2017 小学生動員企画試合 「 ライフカップ第41回大阪少年サッカー選手権大会の開会式 」 が開催された 川崎フロンターレ戦。

ここ最近の小学生動員企画 ( ヤンマースタジアム長居 ) 試合結果は…   

2016.10. 2 セレッソ大阪 1-2 清水 ● 
2016. 6. 4 セレッソ大阪 2-3 讃岐 ●    
2016. 4.17 セレッソ大阪 1-1 北九州 △  
2015. 9.23 セレッソ大阪 2-2 水戸 △
2015. 4.19 セレッソ大阪 1-2 群馬 ●
2014.11. 2 セレッソ大阪 1-3 甲府 ●
2014. 8. 9  セレッソ大阪 0-0 FC東京 △
2013. 9.22 セレッソ大阪 1-1 柏 △
2012. 9.15 セレッソ大阪 0-2 名古屋 ●


なぜか 小学生動員試合での勝ち星がなかった 最近のセレッソ大阪でしたが、川崎戦で 久しぶりに勝利を飾ることができました。

私、小学生動員企画試合で 勝てないことが とっても気になっていました。

これまでの動員試合は、開始前からスタンド席がザワザワとするので いつも集中できず、何となく一体感がなくなり、戦闘モードに入るのが難しい雰囲気になっていたように感じます。

スタッフによる観客誘導も 最悪で、「 もう二度と来ない! 」 と言っている人もいました。

それが ここ最近は大きく改善されて、クラブの事前準備・告知、現場スタッフの教育、小学生チーム引率者の意識向上 ( ← この教育意識の高まりが重要 ) が加わって 前向きに進化・発展していったと思います。


私としては、「 小学生動員企画試合 」 で勝利したことで 「 ひとつカラを破れた 」。


450 3


でもよく考えると 「 私の考え過ぎ 」 だけだったようにも思えます。 

「 何かのジンクス ( 不運を招く縁起の悪いもの ) を必要以上に気にしているのは自分だけだった。 」 ということは良くあることです。


ちょっとした気持ちの切り換え方で ジンクスは 打ち破れる。

そして その後は これまでの呪縛から解き放たれて、のびのびと自由に行動することができる。


450 5



「 チームを作り上げるのには開幕から10試合はかかる。 」

それは いつも主力選手が移籍して 大きくメンバーが入れ替わっていたから…

今年は 主力選手が残留して、ソウザ、リカも契約更新、さらにセレッソを知る 清武選手が復帰した。 


450 4


セレッソ大阪は 「 タイトルを獲れないクラブ 」。

そんな思い込みも 近いうちに きっとカラを破ることができると信じています。  
  

450 6

 

スポンサーサイト