ザックの前で 口が裂けても 「 柿谷 」 と言ってはならない! 

  • 2013/05/30(木) 06:40:40

 サッカー日本代表。

アジア予選レベルでは もの凄~い強豪国なのに、W杯の本大会では ヨーロッパ・南米チームの激しいプレッシャーに押しつぶされて結局、ゴール前で 何もできない日本代表を 幾度も見てきている…

ワンタッチ、ワンチャンスを狙って確実に決めないと絶対に勝てないのが ワールドカップの現状です。


13_20130530061400.jpg


ザッケローニ監督コメント 「これまでも何度も言ってきているが、若くて成長を見せてくれている選手には個人的にも注目している」。








 セレッソ大阪 柿谷曜一朗選手。

驚嘆のトラップ技術とゴール枠内にシュートを入れるバランス感覚は秀逸です。
 
11_20130530061358.jpg
     

でもナゼか J1リーグで得点トップの 柿谷曜一朗選手を招集しようとしない ザッケローニ監督。

姓名判断での 字画の結果が悪いのでしょうか。  

柿谷ではなくて、桃谷、梅谷 にすれば呼んでもらえるのでしょうか… ( まぁ、ザックが漢字を読めるとは思えませんが…

とにかく今後、頑固一徹なザッケローニ監督が 新戦力を試す機会は少ないと思われます。 






6月の コンフェデレーションズカップ ( ブラジル・イタリア・メキシコ戦 ) で 「 これでは世界で勝てない… 」 とショックを受けて、7月の 東アジアカップ ( 韓国・中国・オーストラリア戦 ) で新たな戦力を探る。

ザッケローニ監督としても このタイミングでの招集なら これまでの代表メンバーに対して説明がつくし、世間に対しても道理が通せる。


その決断の時、ザックが自身の眼力で サプライズな新戦力を発掘することが重要かも知れません。

監督自身が 選んだというカタチが望ましい。





だから…





ザックの前で 口が裂けても 「 柿谷 」 と言ってはならない! 




周りに言われて 新戦力に気づいた と思われるのは やっぱり気分が良くない。

監督が見つけ出して 選出するような流れの方が良い。

だから…

 


だから、柿谷曜一朗の名前は しばらく封印しましょう。


その後、ザックに 「 柿谷という選手を代表に選出したいのだが どう思う? 」 と聞かれたら このように答えましょう。

「 えぇ~、そんな若造は知りませんよ。それ、一体 誰ですか? 」 

 




そして、ザックに このように言ってもらいましょう。

「 君たちが知らなくても 私が自分の眼で選んだ素晴らしい選手だ! 」


  14_20130530061429.jpg





将来、曜一朗が W杯の得点王になったら ザックに言いましょう。

「 さすが、ザッケローニ監督ですね、見る目が違います。 」


 

私の眼に狂いはないのだ…
12_20130530061404.jpg






だから、その時まで…


ザックの前で 口が裂けても 「 柿谷 」 と言ってはならない! 



 

         ヨ~イチ~ロ~~ ♪ 
        1_20130530061355.jpg



おしまい。

でも、ホンマに そんなんで 良いのかな…

スポンサーサイト