森島アンバサダー&西川DJと参加した感激の工場見学の一日。     

  • 2010/11/28(日) 01:55:48

昨日、森島寛晃アンバサダーと西川大介スタジアムDJと行く工場見学ツアーに参加してきました。


最初は、ハムリンズでお馴染みのパートナー企業のウィンナー工場。


ハム工場入口 390  
工場の方へ ~ モリシはアドバイザーではありません、西川DJはセレッソの選手ではありません。。。。



     ハムリンズ  390




ソーセージ 2人ポーズ  390
カメラを向けると必ずポーズしてくれます。素晴らしいサービス精神です。


     質問シート   390


工場と2人への質問コーナー。

私は…
「2002 W杯のチュニジア戦でゴールの左隅を狙っていなかったのなら、一体どこを狙っていたのですか?」(当日、モリシが左側は狙っていなかったと言っていたので。。。)とシートで質問。

モリシの回答。
「とにかくシュートを打ちたかったです。思いっきり蹴ったら内巻き気味のシュートになってしまい、左にいってしまいました。ものすごいロングシュートを決めたんだと思って、後でVTRを見たら全然、ペナルティーエリアの中でした。」

えぇっ、そうだったのですか…
でも、とっても見事なゴールでした。


「次に背番号8をつける人の条件は何ですか?」

モリシの回答。
「う~ん、抽選ですかね。」

えっ、うそやろ~~~
でも、本当に誰がつけるのでしょうか。。。。


その他、ソーセージに関する質問と大爆笑のセレッソ質問でとっても楽しめました。






次に行ったのが、サッカー界では有名なパートナー企業の ビール工場。


ビール工場  390


本当に楽しいトークの連続。。。
モリシ&大介  390


      カメラを見たらポーズ。ありがとうございます。
     モリシ 2   390


美味しいビールの試飲とサイン会。

私は、あこがれのモリシの前では上がってしまい顔が真っ赤でした。。。
(まぁ、既にビールは少々飲んでいましたけどね。)




キリン記念撮影 1  390

キリン記念撮影 2  390

写真で手に持っているのは持参した「2002年W杯 長居スタジアムの告知タペストリー」。

モリシは既に持っているとの事でした。オレンジ色が私のもの、黄色が同伴参加者さんのもの、そして緑色が西川DJのものです。

びっくりしたのは、西川DJ。
緑色のタペストリーを手に取ると同時にモリシに「サインしてください 」とお願い。

あの周囲に気配りを忘れない西川DJが一瞬、一人のサッカーファンに戻った瞬間を見てしまいました。

何だか嬉しい場面でした。





ここで、オレンジ色のタペストリーを拡大。

     2002 W杯 1 390


さらに拡大。

2002 W杯 2 390

モリシに「6月14日の事についてコメントを書いてください。」とお願いしたら、マジックでこう書いていただきました。

これは間違いなく家宝になることでしょう。





ビールの試飲中に、「ガンバ敗戦」の一報。

「明日は絶対に勝つぞ 」と会場は大いに盛り上がりました。



この日は本当に思い出に残る、とっても楽しい工場見学でした。




そして、このチケットにもサインをしていただきました。
W杯チケット1  390


スポンサーサイト