2015年 セレッソ大阪 ~ 波乱に満ちあふれていた 1年が終わります。  

  • 2015/12/31(木) 06:47:55

 2015年はセレッソ大阪にとって たいへん残念なシーズンになりました。

毎年 良い移籍情報は早く発表されて、悪い移籍情報は 後で発表されることが多いように感じます。

最悪の発表は 最高の正式発表と同時になるのかも知れませんが、現実を受け止めて2016シーズンを迎えたいと思います。



4J4A9141_20151230022038a20.jpg



J2 2015シーズン。  

思うように勝ち点を積み重ねることが出来なかった セレッソ大阪。    

それでも スペシャルなルールによって 一発逆転で J1昇格の可能性があったアビスパ福岡とのプレーオフ決勝を戦えました。  

しかし 悔しい敗退…      


ネガティブで悲観的で マイナス思考な気分になってしまいそうな雰囲気。  

「 このままセレッソ大阪の話題を減少させてはいけない。 」  

私 この大事な一戦に敗れてからは、年内はブログを毎日更新しようと決めました。  
( これ、私のレベルでは かなり大変なことなのです… )

できるだけセレッソの事をブログに書き込もうと思いました。
( まぁ、ちょっとセレッソ以外の内容もありましたが… )         

そして 今年最後の1日を迎えました。

12月は超~忙しくてヨレヨレでしたが、何とかブログ更新が終わりました ~ 1291098047_4.gif
    

      
   21 33 390

Thanks_2015.jpg



2015年が終わります。 

このブログを読んでくださった皆さま、どうも ありがとうございました。

来シーズンは良い話ばかりがテーマになることを期待したいと思います。  

2016シーズンも 『 ビ~グルとサッカー《セレッソ大阪》応援日記 』 をよろしくお願いいたします。



CW0 450 - コピー
                  1385298020_3_20151230180408392.gif J1昇格しましょうね!


スポンサーサイト

私が勝手に選んだ 2015シーズンで 記憶に残った試合です。   

  • 2015/12/30(水) 06:21:35

2015シーズン セレッソ大阪の印象に残った試合。

思い返せば なぜか負けた試合ばかりが頭に浮かびます…

・7月18日 第24節 京都サンガF.C戦  
       ● 0-1 (西京極総合運動公園競技場)  A

・10月4日 第35節 アビスパ福岡戦 
       ● 0-1 (ヤンマースタジアム長居) H

・11月8日 第40節  ツエーゲン金沢戦 
       ● 0-3 (西部緑地公園陸上競技場) A     

など…

これらは 試合結果はもちろんですが、終了後に受けた私のショックが高かった試合です。 

期待していた内容とは全く違っていて、精神的な呆然度はハンパなかった…1318472930_0_2015122923221650c.gif
   


そして…

・6月6日 第17節 愛媛FC戦 ○ 1-0 (ヤンマースタジアム長居) H

CIMG0282_20151230000407dd8.jpg


過密日程だった 5月ゴールデンウィーク期間の選手起用に大失敗してボロボロ状態だったセレッソ大阪。

ホームで全く勝ててなかったのですが、楠神 順平選手のゴールで久しぶりに本拠地勝利した試合でした。  

試合後、いつもの焼肉屋さんでの乾杯は最高だった~   



・8月23日 第30節 大分トリニータ戦 ○ 3-1 (大分銀行ドーム) A

20150824212536279_20151230000406ad0.jpg


先制されたゲームでしたが きっちりと逆転勝ち。

セレッソ大阪は 3位に順位を上げて、2位ジュビロ磐田との勝ち点差は 3でした。


 山口 蛍選手のスーパーゴール!
   


以前 博多駅前に住んでいたことがあるので 久しぶりに行きたかった 3つの場所へ行けたこと。 
 
大分自動車道の 「 別府湾サービスエリア 」 、別府市内・ビーコンプラザのシンボル 「 グローバルタワー 」、そして 大分銀行ドーム ( ビッグアイ )。

10年前に大分ドームに行った時、スタジアムの中を案内してくれた女性の謎が解けたこと。

そして、セレッソ大阪の選手の皆さんと同じホテルだったので、エレベーターの中で ハネさんや大熊さんや山下選手、関口選手、扇原選手たちに会えたこと。 (ハネさんと大熊さんは それぞれ一人だったので握手してもらえました~



・11月23日 第42節 東京ヴェルディ戦 ○ 2-0 ( キンチョウスタジアム ) H 

201511232320013c8_20151230004614b82.jpg


この大切な試合で 「 ラッキーじいさん 」 の茂庭 照幸選手が 気迫の2ゴール!
  
6試合ぶりの勝ち点3で、次に控える J1昇格プレーオフに向けて、大きく期待がふくらんだ試合になりました。  

そう、絶対にJ1に帰ることができると思っていたんですけど…

本当に勝負は最後まで分かりませんね。



私は これらの試合が思い出されました。

今シーズン、皆さんが印象に残った試合はどの試合だったのでしょうか。


サッカーで 「 お金を払わない人 」 を決して 『 サポーター 』 と呼んではいけません!      

  • 2015/12/29(火) 06:34:20

 「 お金を払わない人 」 を決して 『 サポーター 』 と呼んではいけません。 

セレッソ大阪を支援している大きなチカラは 間違いなく ファン、サポーターです。

ファン、サポーターの多くはスタジアムへやって来て声援を送ります。 

しかし、スタジアムへ行くには 入場料を払わなくてはなりません…       

お金を払って 座席に座る権利であるチケットを買って、お金を払って応援するチームのユニフォームを購入します。

もし お金を払わなければ 私が座っていたシートは他の誰かが 替わりに座ります。

応援するチーム以外のユニフォームを着ていたら、応援席から追い出されることもあります。

ファン、サポーターとは お金を払って応援する者なのです。 

お金を払わなければ クラブを応援することは不可能になってきます。  

「 ファンの方々 」 「 サポーターの皆さま 」 とは呼んでくれません…

したがって ファン・サポーターになるには たくさんのお金を払うことが必要です。



c12 450
  


しかし お金を払えば 何を言っても良い、何を行っても良い という訳ではありません。 

「 ブーイング 」 という行為は認められていますが、社会人・人間として 節度を越えるヤジを飛ばして 選手、監督、スタッフの悪口を言うことは 料金には含まれていないことが多いからです。

「 座席に座る権利 」 はありますが、座席を不当に占拠したり 周囲の雰囲気を破壊する権利までは代金に含まれていないことが多いからです。 

社会的な常識を持たないクレーマーはサポーターとは呼んでもらえないのです。 ( スポンサーは別格な存在ですが… )

 

b5 450



昔々、海外から日本という国は 「 水と安全はタダだと思っている国。 」 と言われたことがありました。

治安が良くて安全な日本は 飲み水も、安全な暮らしも 無料で手に入ると考えている、という意味です。

でも 今はお金を出して 天然水・ミネラルウォーターを買い、お金を払ってセキュリティシステムを契約します。

車で移動すれば 車を停めるのに 駐車場料金という目まいがするような場所代がかかります。

ゴミを捨てようと思えば、キログラム単位で 廃棄手数料というお金が必要です。 

全てにおいて お金がないと困るのです。 
 

CW0 450



そうなんです。

スポーツビジネスにも お金がかかるのです。  

クラブも、選手も、スタッフも お金がなければ 維持ができない、生活ができない、成長ができないのです。

サッカーにに限らず 今の社会生活は お金を払わなければ 成り立たない。   

サッカーだけにお金がかかるわけではなくて、全ての娯楽、趣味には たくさんのお金が必要なのです。

お金を払うことによって 安全、安心、満ち足りた充実感が手に入るのです。




でも 人間は 決してお金だけでは動きません。

世間一般の評価が高いものであっても、皆がそれを購入するとは限りません。  

自分が好きなもの、価値を認めるもの、自分が愛するものにお金を注ぎ込みます。


決して シーズンチケットって高いやないか!、プライムセレッソってぼったくりやないか!、スタジアムグルメってコンビニの数倍の値段やないか! とは言いません。 ( ← 目の付けどころが ケチくさいかも… )

「 お金で買えない価値がある。 」 、そう サッカーは いつも 「 プライスレス 」 なのです。 ( ← なんかのコマーシャルのパクリと違うのか… )


r13 450



2015シーズンは 辛く 厳しく 心が折れることが多かったように感じます。

心も身体も ずぶ濡れになって 家に帰った試合も多かった。

悔しくても 私は男の子だからスタジアムでは泣きませんが 家で泣きました… ( ← こらっ、男の子ではなくて オッサンやろ… )





でも…

来シーズンこそ。

これまで何度も味わってきたのに学習できない セレッソサポーター。

また 新しいシーズンがスタートします。

大丈夫です、今度こそ 頑張りましょう!   



2キンチョウパース150924-450
1キンチョウパース150924-450


  

永井 龍選手が V・ファーレン長崎へ完全移籍だって…  

  • 2015/12/27(日) 06:57:26

 永井 龍選手。  

「 龍 」 と書いて 「 りょう 」 と読む。

名前の由来は 「 坂本龍馬 」 の 「 龍 」 。     

その永井 龍選手が V・ファーレン長崎へ完全移籍することになりました。


龍3  450


▴ 永井 龍選手コメント
「 今回、V・ファーレン長崎に完全移籍をすることになりました。今まで、オーストラリアや大分には移籍しましたが、どちらも期限付き移籍でした。中学1年生の時からピンクのユニフォームを着てプレーをし、今回完全にこのユニフォームを脱ぐという決断をするのはすごく難しかったです。そして、来シーズンは長崎のユニフォームを着てヤンマースタジアム長居やキンチョウスタジアムで試合をするということが想像出来ません。ただ、この決断に悔いはありません。この決断をして良かったと思えるようにしていかなければならないと思っています。どこに行っても“セレッソの育成組織出身選手”ですし、どこのユニフォームに袖を通しても自分には“ピンクの血”が流れています。中学1年生から約12年間。僕のことを心身ともに成長させてくれたセレッソ大阪の全てのスタッフ、チームメイト。そして、怪我で辛い思いをしている時も信じて支えてくれたサポーターの方々には本当に感謝しています。この12年間は決して忘れません。ありがとうございました。 」 


        龍あs  420


先日、FW 杉本 健勇選手の復帰ニュースがあった時、すぐにFW選手の移籍発表があるのではないかと心配していました…

でも、まさか 永井 龍選手が移籍だとは想像もしていませんでした。   


永井選手  450


龍は オーストラリア パース・グローリーFCへの期限付き移籍、大分トリニータへの期限付き移籍で経験を積んできたのですが、天皇杯 1回戦 FC大阪戦での腎臓損傷により入院治療を行っていて、今季は苦しいシーズンになっていました。


12_20130715122132_20151227005025f5f.jpg

20140113184016a75_2015122700502480b.jpg
 

「 この決断に悔いはありません。 」 と語る 永井 龍選手。

新しい環境の中で大活躍して、日本のサッカー界を引っ張るプレーヤーになって欲しいと思います。 
 
 
        龍 420 


ファンサービスでは いつも笑顔で接してくれました。

これからも全ての人たちに愛される選手でいて欲しいです。 


        南津守 永井龍選手1


この移籍によって 永井 龍選手がいなくなれば、仲の良い 扇原 貴宏選手が寂しがると思うのですが… 1280066170_2_20151227012731dea.gif
 

大丈夫ですよね。
  


大熊清 監督 就任 ~ 監督を変えたら見違えるようにチームが強くなるとは限りません。

  • 2015/12/26(土) 06:11:00

2016シーズン セレッソ大阪 ~ 大熊 清監督が就任しました。 

▴ 大熊 清監督コメント
「 伝統と歴史あるセレッソ大阪の監督に就任し、大変光栄に思います。我々一人一人が心・技・体を強化し、強いセレッソ大阪に進化し、ファン・サポーター・スポンサーの皆様と一丸となり、目標であるJ1昇格を必ずや成し遂げたいと思います。 」


AK4Q2728_R-940x529.jpg
  

2014シーズンから 2015シーズンのセレッソ大阪。

ランコ・ポポヴィッチ監督 就任 ~ 解任

マルコ・ペッツァイオリ監督 就任 ~ 解任  

大熊裕司氏が監督就任 ( J2降格 )


パウロ・アウトゥオリ監督 就任 ~ 退任   

大熊 清監督 就任 ( J1昇格プレーオフ敗退 ) 


AK4Q3425_R-940x529.jpg


次々に監督が替わっていった セレッソ大阪。

クラブは慎重に監督を選ぶことができますが、同じように監督も慎重にクラブを見極めることができる。  

パウロ・アウトゥオリ監督の退任 ( 解任 ) で、その後に良い監督を招へいすることが困難な状況になっていたように感じます。

日本では 最高位リーグのJ1であったら、条件次第では受けてくれる監督が見つかったかも知れませんが、翌年もJ2で戦うことが決まってしまいました。

切り札的な存在である レヴィー・クルピ監督の復帰話はありませんでした。 

ニュース記事では、新監督として湘南の曹貴裁(チョウ・キジェ)監督、韓国 Kリーグ浦項の黄善洪(ファン・ソンホン)監督との交渉が破談になったことが報じられていました。 

監督の采配は勝敗に大きな影響を与えますが、監督を変えたら見違えるようにチームが強くなるとは限りません。

大熊監督は 立場上 仕方がなかったとはいえ、厳しい時期に監督に就任して采配を振るいました。

そんなセレッソ大阪に対して ファン・サポーターは最大限の応援を送りました。

驚くほどのパワーでした。

凄かった、魂が入っていた、素晴らしくて感動的でした。 

これは 本当に予想外な出来事でした。

選手の皆さんも 「 プレーオフでは最高の雰囲気をつくってくれた。 」 と語ってくれました。

全員が最高のパフォーマンスを見せてくれたと 私は思っています。

そして もう一押しする応援が出来なかったことを大きく反省しています。  
   

b1 450

CIMG6568 450


最初からセレッソで戦うことを決意していた選手、大熊監督に決まったことに納得した選手は 契約を更新するように思います、また監督から来シーズンの構想を聞きたい選手は今回の監督決定で やっと話合いの時間ができました。

誰が監督になるかに係わらず、本人の人生目標到達を目指す選手、生活・家族の理由を優先しなければならない選手などは、セレッソ大阪を離れるかも知れません。

これは仕方がないことです。

私は 最初から来シーズンもセレッソで戦うことを決意していたサポーターなので 既に契約を更新しています。( いったい何の契約かは意味不明ですが…   )    

監督だけを変えたら見違えるようにチームが強くなるとは限りません。  

選手の皆さん、スタッフの方々も J1昇格のために 契約を更新して欲しいと願っています。


4J4A9141_20151226060400e23.jpg